ブログトップ

やや晴耕雨読な日々

yayahibi.exblog.jp

108→110

今年の108冊109冊110冊目です。

108。

ローズガーデン
桐野 夏生 / / 講談社
スコア選択:




先に最新のを読んでしまい、前作を急ぎ読みました。

で。109。

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)
桐野 夏生 / / 講談社
スコア選択:


少し前に読んだ『ジオラマ』に収録されている短編に、
この小説では少ししか登場しない『カール・有理・リヒター』が
出てきます。短編では主人公です。
なるほど、こんなつながりがあるのね。



110。

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)
桐野 夏生 / / 講談社
スコア選択:





『女流ハードボイルド小説』として紹介されてますが。
そもそも、「ハードボイルド」って何なのでしょう?
3作とも、テンポが良くって読みやすく、面白いです。

107冊目に読んだ、伊坂幸太郎さんの『フィッシュ・ストーリー』。
短編集なのですが、登場人物や会話の随所に出てくる人物が、
過去の作品にも登場した人物で、私の好きな探偵(泥棒?)の
黒澤が登場していて、大満足の1冊でした。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2007-11-20 15:11
<< 111。 Fit? >>