ブログトップ

やや晴耕雨読な日々

yayahibi.exblog.jp

タグ:本のこと ( 28 ) タグの人気記事

こんなの買いました♪


とりぱん 7 (ワイドKCモーニング)

とりの なん子 / 講談社



こんなの。

と。

沖縄 (ことりっぷ)

昭文社



こんなの。


「とりぱん」は相変わらず、ゆるーい感じがよくって。
いい感じにマンネリ化してます。

毎回、庭に「エサ台」を作る妄想をしてしまいますが、妄想で止めときます。


「ことりっぷ」。
そうそう。
最近、旅行してないやないのー!と。
来月にでも数日休みを取って・・・と考え、ダメモトで友人Yちゃんを誘ってみたところ・・・。
何と、OK!!
「美ら海水族館行きたい!!」との要望にお答えして、沖縄に行くことになりそうです。
ダイビングにどっぷりハマってた頃、かなり行ってて、今回で12・3回目の沖縄。
たまには観光名所めぐりもいいでしょ。

断られたら、マイナーなトコに行こうと目論んでたのですが(黒笑)


あ。
こんなのも買いました♪

a0109138_239384.jpg


カマスサビキ!

釣具屋さんを2軒ハシゴ。
釣りの仕掛けって地域によって違うから、こちらにはないのかも・・・?とか思いましたよ。

けど、1社しかなくて、選択肢がない^^;

アジサビキなんて、選ぶの大変なくらいあるのにねぇ。


さて、早いうちに防波堤へGO♪ですね。

ほら。
遅いことは猫のコでもする

って言うし。

そうそう。
カマスサビキを持って、店員さんに「オモリどうするの?」って聞いたら、
オキアミ入れるカゴを勧められました^^;

「そーじゃなくて、オモリ選んでー!!」と。
ナス型オモリも購入。

さー。
どうかな、釣れるかしらん??
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2009-08-04 23:16

かけがえのないもの

久々に本の話。

今年の9冊目&10冊目。

わが家の夕めし

池波 正太郎 / 講談社






かけがえのないもの (新潮文庫)

養老 孟司 / 新潮社





いろんな雑誌などに、掲載された短文とか、
講演の内容をまとめたものでした。

ふむ。
どことなく、読書意欲が落ち込んでる最近。

さて「かけがえのないもの」って何なんでしょうね?
養老先生は「ヒト」だと仰ってるのだけど。

そういえば、今年のバレンタインデーは土曜日。
売れ行きはあまりよろしくない様子。
職場は女性全員・共同でチョコレートを用意するのですが。
今年は、代表して買いに行く当番(?)だったので、アレコレと見てきました。
スゴイ人ごみの中で、お目当ての品は買ったのですが。

見てる途中で、ふと・・・。
イタズラゴコロが芽生えました!!

どんな反応するんだろう??

と。
友人・知人の中で、一番驚きそうな人にチョコレートを送りました。
遠方なので、郵便で。
地味ーな封筒に入れて、職場のデスクに届くように。

普通郵便OKなように、チョコレートを選ぶ基準は「長3封筒に入るかどうか」でしたから。
味とかデザインなんて二の次だったり。

食べてしまえば、消えてなくなるサプライズ。
驚くかなぁ・・・。
どんな反応するかなぁ・・・。
ウケるといいなぁ・・・。

そうだ、甘いもの大丈夫な人だったっけ?とか。

こんなアホらしいことで、楽しめてしまう毎日、これもまた「かけがえのないもの」だと思います。

More 続きを読む
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2009-02-12 22:32

4・5。

今年の4冊目。

夢を与える

綿矢 りさ / 河出書房新社




今年の5冊目。

ララピポ (幻冬舎文庫)

奥田 英朗 / 幻冬舎



休み明けで少しペースダウンしてますが。
年間100冊なので、ちょうどいい感じでしょうか。
(月平均だと、8.4冊で100冊達成ですから)


今朝出社したら、数人が風邪でダウン・・・高熱が出てるので欠勤、とのこと。
どうやら流行ってるらしいです。

オフィスを見やると、マスクマンがチラホラいますし。

今のところ、私はなんともありませんが、気をつけよう・・・っと。

関東では、初雪が降ったようですし、しばらく寒い日が続くみたいですね。
どうぞ、皆様も風邪など召されませんように!
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2009-01-09 12:06

78

今年の78冊目。

ガリレオの苦悩

東野 圭吾 / 文藝春秋




「ガリレオ」シリーズの最新刊(2冊同時に出たらしいけど)。

↑のは、短編集なので、読みやすいです。
試験終了後、ナゼか長文を読めない気がします。
これは、以前もあったことで、試験で条文とか読むクセがついて、それが抜けるまで治らないかと(T_T)

まだ、78冊。
年内に100冊・・・となると、あと22冊。
うぅ・・・かなり厳しいなぁ・・・。
こうなったら、休みの日に1日3冊とか読むしかないかも。

今日は、休みで、天気が良くて暖かくて、良く遊び、良く動いた1日でありました。

庭のプランター菜園の様子は後ほどUPします♪
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-12-13 22:02

読んだ 読んだ 読んだ

今年の夏期休暇は、友人と飲みに行く以外はのんびり、まったりとしておりました。
暑いので、菜園の仕事はほとんど捗らず・・・。
そろそろ、トマトを撤収しないと・・・。

そんな5連休中に読みました。

今年の54冊目


今邑 彩 / / 集英社
スコア選択:








今年の55冊目

陽炎の男 (新潮文庫―剣客商売)
池波 正太郎 / / 新潮社
スコア選択:







今年の56冊目

天魔 (新潮文庫―剣客商売)
池波 正太郎 / / 新潮社
スコア選択:







今年の57冊目

剣客商売〈5〉白い鬼 (新潮文庫)
池波 正太郎 / / 新潮社
スコア選択:






今年の58冊目

新妻 (新潮文庫―剣客商売)
池波 正太郎 / / 新潮社
スコア選択:






今年の59冊目

夜の桃
石田 衣良 / / 新潮社
スコア選択:







今年の60冊目

静かな爆弾
吉田 修一 / / 中央公論新社
スコア選択:







今年の61冊目

ミサコ、三十八歳
群 ようこ / / 角川春樹事務所
スコア選択:
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-08-18 13:26

取扱注意して下さい?

先日、大型書店をひやかしたときのこと。

書店の一角にコーナーが出来てました。

 血液型別の説明書

ほおほお!と、手にとってまずは自分の血液型のからナナメ読み。

A型自分の説明書
Jamais Jamais / / 文芸社
スコア選択:




同じシリーズ(?)で、取説というのもありました。

血液型占い、信じるかどうか?ですが・・・。
個人的には、ちょっと微妙かと。
他の占いに対しても、それほど熱心な方ではありませんし。

話のネタとして、平凡だけど面白い切り口かなぁ・・・と。

ちなみに、A型と言いますと一般的に
神経質、几帳面、真面目・・・などなど。

・・・・・んー。・・・・・どうかなぁ・・・。
 実は結構おおざっぱなのよ。 


で、次にコレ。

B型自分の説明書
Jamais Jamais / / 文芸社
スコア選択:




ナゼか、周りにB型が多いです。
と言うか、「完全に包囲されているぞ!」状態です。
直属上司は辛うじてA型ですが。会社の同僚・上司に圧倒的にB型が多いです。

友人もB型だったり・・・。

でも、B型って意外と(失礼)几帳面ですよ?
神経質だったりしますよ?

あ。でも、マイペースなのは当ってるけど。
いきなり「今、どこ?」って電話してきて、都合も聞かずに「【どこそこ】で待ってて!すぐ行くわー。」って。
飲みに誘ってくる(?)・・・そんな友人、B型です。

私には到底出来ないワザをお持ちです。

イヤ。これから帰るとこで、とか、予定が・・・とか、断る余地なし!!
まぁ、断るのが非常に苦手なんですけどね。



そして、近々誕生日を迎えるB型の友人に↑の本をプレゼントしようかと、
一瞬、ほんと一瞬だけ思いましたが、思いとどまりました。
(グッジョブ!私。)

結局、手ぶらで書店を出ました。
完全な冷やかしでした。ごめん、次はちゃんと買うから!(小心者です)
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-06-24 12:04

直球ど真ん中!

一昨日のお休みに、図書館にて・・・。

4月下旬から、家庭菜園向け書籍のコーナーが特設されてます。

ええ。
もう、ワタクシの関心、直球ど真ん中なワケです。
図書館に行くと、かじりつかんばかりの勢いで本を物色しております。

最近は、おしゃれなデザイン、綺麗な写真の野菜本が多くありますね。
図書館で借りて読んでみて、購入を検討したくなる本も・・・。

そんな中で。

Beans ! (ビーンズ)はじめてでも簡単 豆の鉢植え
御倉 多公子 / / 小学館
スコア選択:





こんな本を見つけました。
まだ、ナナメ読みですが・・・。
鉢植えで育てる豆類。
楽しそうです。美味しそうです。
思いっきり妄想炸裂です。

じっくりと妄想たっぷりに、楽しく読もうと思います。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-05-18 11:19 | 植物のこと

3月病?

何故だか、毎年3月になると読書熱が少し醒めてしまいます。

3~4日で1冊なのが、1週間~10日で1冊くらいまでペースダウンします。
そして、たいてい5月の連休でもとに戻ります。

考えられる理由として、

①時期的に仕事が忙しい。
②花粉症で、頭がぼぉぉ~っとしてるから。
③暖かいので外に出てしまうから。
(それでより一層、②の花粉症が悪化するというスパイラルに陥ったりします。)
④たまたま、読みたい本がないから。
⑤春は眠いから。
⑥種蒔きに情熱が傾いてるから。

こんな感じでしょうか・・・。
今年は特に⑥!!

***************

そんな中で読んだ、今年の20冊目。

猫鳴り
沼田 まほかる / / 双葉社
スコア選択:





猫(他の動物も)と暮らしてる人には、なかなか考えさせられるお話でした。
猫の「モン」が年老いて、最期をむかえるまで。
作中で印象的だったのは、衰えていく「モン」を見て辛くなった飼い主に、「これはすごく自然なことなんです。そうでしょう?」と年若い獣医さんが話すシーン。
もちろんその通りだと、分かってはいますが・・・。

タイトルの『猫鳴り』は、猫が機嫌の良い時に鳴らす「ゴロゴロ」いう音のことだそうです。



***************


そして、また買ってきました。

やさい畑 2008年 04月号 [雑誌]
/ 家の光協会
スコア選択:




お昼の休憩に外出して買ってきました。
他には目もくれず、まっしぐら。こんな30代になろうとは・・・。
面白いなぁ・・・私。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-03-10 22:45

111。

11月16日に蒔いた、「豆苗」。
芽が出ませんでした。カビってます。
「豆苗」の水栽培って、どうしたら良いのでしょう?
説明書のとおりにしてるんですけどね・・・。

同じ水栽培でも「かいわれ大根」は、相性が良いのか
年中、サクサクと栽培出来ていてるのに・・・。

以上、植物関連のお話でした。

で。今年の111冊目。

陰陽師 瀧夜叉姫 (上)
夢枕 獏 / / 文藝春秋
スコア選択:




陰陽師 瀧夜叉姫 (下)
夢枕 獏 / / 文藝春秋
スコア選択:



夢枕獏さんの『陰陽師 瀧夜叉姫』上下巻。
このシリーズ、大好きです。

特に、安倍晴明の屋敷の庭!
作者の季節の植物に関する描写も繊細で良いですね。
まさに理想の庭です。
是非、眺めつつゆったりとお酒でも・・・と、思うんですけど、
どこかにこういうお庭ないですか・・・?
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2007-11-22 16:09

108→110

今年の108冊109冊110冊目です。

108。

ローズガーデン
桐野 夏生 / / 講談社
スコア選択:




先に最新のを読んでしまい、前作を急ぎ読みました。

で。109。

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)
桐野 夏生 / / 講談社
スコア選択:


少し前に読んだ『ジオラマ』に収録されている短編に、
この小説では少ししか登場しない『カール・有理・リヒター』が
出てきます。短編では主人公です。
なるほど、こんなつながりがあるのね。



110。

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)
桐野 夏生 / / 講談社
スコア選択:





『女流ハードボイルド小説』として紹介されてますが。
そもそも、「ハードボイルド」って何なのでしょう?
3作とも、テンポが良くって読みやすく、面白いです。

107冊目に読んだ、伊坂幸太郎さんの『フィッシュ・ストーリー』。
短編集なのですが、登場人物や会話の随所に出てくる人物が、
過去の作品にも登場した人物で、私の好きな探偵(泥棒?)の
黒澤が登場していて、大満足の1冊でした。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2007-11-20 15:11