ブログトップ

やや晴耕雨読な日々

yayahibi.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年も

今年も・・・。

a0109138_12273523.jpg



せっかちな「彼女」。

開花であります。

ちびっとアップで♪

a0109138_12283917.jpg


まだ、1月なのに~^^;

おやつはやっぱり「桜餅」がいいな♪

ちなみに昨年は2月1日
一昨年は2月13日
年々早くなってきてるみたい・・・。

今年はちょっと色が白っぽく、薄い感じ。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-29 12:21 | 植物のこと

大丈夫かな?

昨年10月18日に種まきしたそら豆。

にょきにょき・・っと育ち。

早くも・・・。


a0109138_2173018.jpg



花咲いてますっ!!

早い!
早すぎるっ!!

まだ、受粉を助けてくれる虫はいないと思いますが・・・。

大丈夫かな~??


++++++++++++++++++++



a0109138_218519.jpg




こちらは、久々の収穫♪

かぶ「雪あやめ」、「ときなし」「ゆきわらし」。
ブロッコリー「スティックセニョール」。
ミニカリフラワー「美星」。
サラダ水菜。

サニーレタス「バンビーノ」・・これは、写真のザルに山盛りいっぱい採れたのだけど。
両隣におすそ分けしたので、ウチの分はこれだけ^^;

さて。
ミニカリフラワーがどれくらい「ミニ」かと言いますと・・・。


a0109138_2183650.jpg



このくらい♪

手乗りサイズですね~^^;

ちなみに重さは190gでした(量った・笑)

かぶは、甘くて生でもイケそうなのですが、
今回は浅漬けにしてみました。


a0109138_219592.jpg



「あやめ雪」が特に甘くて、美味しい。
どのくらい甘いか・・と言いますと。
「あれ?砂糖入ってないよね??」ってくらい甘い!

炊きたてご飯に合う~♪
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-28 21:10 | 植物のこと

それは解決策ではない。

ねーねー。
詠子さーん。

あたし、会社行きたくなーい。

a0109138_2122570.jpg



知らんがな・・・っ。








そんなこと、言わんと~。
「シュッシャキョヒ」ってヤツなんだってばー。


a0109138_2132114.jpg

きゅぴーん☆
・・って、したるから、我慢して仕事行っといで~な。
お代は「焼かつお」1本で負けといたるから。







あ。
ほんまに「きゅぴーん☆」や。

てな、やり取りが今朝もございまして。

そんなこんなで、「焼かつお」(猫用のオヤツ)代を稼ぐために、
本日も働いて参りました^^;

しかし、猫ってこの可愛さだけで世の中渡ってますよねぇ・・・。

・・無理を承知で、お願い。
・・・猫になりたい。


本日は・・
「虚」と「実」を取り混ぜて、お送りしました(笑)
どこが「虚」であり、「実」であるか・・は、皆様でお考え下さいませ^^;
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-28 21:05 |

プランター菜園全景


前回UPしたのが、確か10月だったのですが。

プランター菜園全景です。

a0109138_2322566.jpg



しばらくサボってるうちに、こんなに育ってます。

イエ、放置してたわけではなくて。
一応、水遣りと控え目な追肥はしてたのよ。

けど、冬で良かった。

夏場にヤル気をなくすと、きっと1日で全滅だったはず。
(夏は朝・夕1日2回水遣りしないとダメなんで)

植物の強さに驚いてます。

a0109138_23255362.jpg


まだまだちびっこだけど、ロマネスコに蕾がつきました。
今年も自家製のが楽しめる!

a0109138_2327023.jpg


美星。
もともと、ミニサイズのカリフラワーですが、小さくて可愛い♪
昨年も「手乗り」だったけど、今年もそうみたいです。

1回食べきりで、甘くて、濃厚な味。
楽しみ♪

a0109138_23291117.jpg


初挑戦のたまねぎ。
ゆっくりとだけど、育ってます。
スーパーで見かける万能ネギくらいの太さにはなってるかな・・っと。
収穫できるかな?
小タマネギサイズでもいいから、口に入るものが出来ますように!!(←志低い?)


a0109138_23312338.jpg


そら豆。

2年連続、成功なるか?

今年は昨年より2週間ほど種蒔きが早かったので、霜の心配があります。
今のところ、元気いっぱいの様子です。
・・・次に心配なのは「アブラムシ」。


以上、駆け足でプランター菜園レポでした。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-26 23:34 | 植物のこと

ほっこりと

a0109138_12244631.jpg

久々に外出。
もう紅梅が咲いてます(^_^)

甘いんだけど、爽やか…独特の香り。
寒いなかに、一瞬「ほっこり」ほんのり温かくなる香りです。

早いな〜
と思って、チラッと「毎年、こんなだっけ?」なんてちょっと自信はありませんが。

↓の記事にはたくさんのコメントありがとうございました!
嬉しくて、胸の辺りがほんのり温まりました。
帰ったら、お返事します〜
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-24 12:24

サボり癖

何だか、Blog放置気味です。
更新滞ってるのに、来て下さってる皆様、すみません。
どうも、サボり癖がついた模様・・・。

ちょっとした不調とか、そのようなもので。
どうもイケマセン。

昨日、めでたく36歳の誕生日を迎えました。
ふぅ。

めでたい日にシャンパンをたっぷりと。
食いしんぼうなクセに、お料理がメンドくさくって、シャンパンのみ。
一人でフルボトルあけてしまいました。

この飲み方・・。
そうそ、見事な「ヤケ酒」です。

美味しく飲むと、翌日もスッキリなのに。
こんな飲み方したものだから、今朝はどんより~・・と^^;
せっかくのお酒を心して飲まなかったので、罰が当たったのかも。

日中、「酔いざめの水がウマイ」状態でありました・・と。

どうにもよろしくない状況、精神状態で。

たまった仕事をサクサク片づけて。
とっとと、「復活呪文」なり何なり、使って。
さっさと、元気になりたいものです、ほんと。

そう言えば、36歳(数えで37)も厄年(小厄らしい)だとか・・?
初詣の時、知ったのだけど。
33のが、この前済んだとこなのに、またなの??
何なんでしょうね~。
とは言え、厄年、よく分からないです。
節分前の生まれなので、ひとつ上の歳として数える説もあったりで・・。
それで行くと、36の厄って去年終わってるんだっけ??
何事もなく過ぎてくれてるなら、それはそれでいいんだけど。


現実逃避願望ゆえか、読書のペースはナカナカのものだったりで。

今年の5冊目。

ぬるい男と浮いてる女

平 安寿子 / 文藝春秋




今年の6冊目。

甘苦上海 III

髙樹 のぶ子 / 日本経済新聞出版社




今年の7冊目。

甘苦上海IV

髙樹 のぶ子 / 日本経済新聞出版社


[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-18 15:41

今年初めの本の話


今年初めの・・だなんて、改まることもないのですが。
またまた、「1年100冊」は目指します。

ここ数年、年初1編目は必ず太宰治。
えぇ。
暗いですよね。とくに晩年の作品は重いですよね・・。
年の初めから沈んじゃいそうですよね^^;

けど、「人間失格」で主人公・葉蔵の目の前で泣きだした「アネサ」を黙って見守り、
泣きやんだタイミングで、柿を剥いて振る舞うシーンとか。

「斜陽」の主人公・和子さんが子供時代「お母様」に編んでもらった「牡丹色の襟巻」のくだりとか。

とても印象深く、大好きなシーンです。

一番好きなのは、短編「葉桜と魔笛」。
ここ数年の読書初めの1作。
何度読んでも、涙腺緩みます。

太宰治って人は、ナゼああも女心に聡いのでしょうね。
さぞ、モテただろうなぁ・・などと、つい下世話なことを考えてしまいますね。
まぁ、実際かなりモテたらしいですし。

そんなワケで(?)今年の1冊目。

モノレールねこ (文春文庫)

加納 朋子 / 文藝春秋



昨年から、「本は図書館で借りる!」と決めて、ほとんど買わずにいたのですが。
それでも時々は本屋さんが恋しくなり(笑)ふらっと立ち寄ってしまったり。
そんな折、購入した1冊。

短編集ですが、全部いいです!
表題作の「モノレールねこ」。
猫好きなら、モノレールねこの「ぶさいく可愛い」ぷりは間違いなくツボでしょうし。
「ポトスの樹」「バルタン最後の日」などの他編も淡々としてるけど、泣けます。

本の帯にもありますが、「イイ大人が、ザリガニの話(『バルタン最後の日』)で泣いちゃっていいのか?」と思いますが。
けど、ものすごく感動するのよ、このザリガニの話。
だから、いいんです。
大人としては良くないんけど、泣いちゃっていいと思います。


今年の2冊目。

一人二役

河本 準一 / ワニブックス



たまーに、ゆる~いのもいいんじゃないかい?
・・っと思い、「部長課長」の河本準一さんの自伝。

こちらは図書館で借りました。
蔵書のバリエーションすごいなぁ・・っと。

「すべらない話」で断片的に聞いたことのある話だったり。
じゃあ、「姉は〇〇です」って姉は誰のこと??と、少々気になりますが。

マニアックな話ですみません^^;

今年の3冊目。

さよならの扉

平 安寿子 / 中央公論新社



内容設定はともかくとして、案外こういう関係あるかも。
・・っと思わせるあたり、平安寿子さんはやっぱり上手いな・・と。


今年の4冊目。

星々の舟 Voyage Through Stars

村山 由佳 / 文藝春秋



ふむ。
最近読んだ、村山由佳さんの作品・・2作続けて、重たいですね・・。

何か今、無性に上手いこと練りに練った!・・と言うか、考え抜いて作り上げた笑える作品が読みたい!!
中島らもさんみたいなの希望。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-10 08:57

間宮兄弟?

*はじめに*

「間宮兄弟」ってナニ?
って方の為に。

江國香織さんの小説「間宮兄弟」。
妙齢の兄弟2人暮らしぶりが描かれてます。
結構地味、かつ、何か愛らしい。

そして、何より2人の暮らしは幸せそう。
でも、実際身近にいたら、引くかも・・・。

ワタクシ・睦月オススメの1作。

映画化もされており、兄・佐々木蔵之介さん。弟・ドランクドラゴンの塚地さん。
配役ピッタリで、ほのぼのした作品。
こちらもオススメです。


で。
本題。

つまり、ですね。
すんごく、のんびり~、ゆったり~、な年末年始休暇(8連休)だったわけです。

もちろん、本はたっぷり読みました。
(詳細はまた後日。もったいつけるほどのものじゃないのですが、先にお出かけの話がしたいので)
読書初めは、太宰治の短編「葉桜と魔笛」。
ここ数年はコレと決めてます。

年末は一応大掃除やら、何やらで。
年始は1日に初詣、初売りをみたり。
5日は、こんなとこに。

a0109138_14191761.jpg


ヒマラヤの青いケシ。
この独特な青色。
これ見たさに大阪鶴見緑地の「咲くやこの花館」に。

花博の時は、ほんの一瞬しか見れませんでしたが・・。
お正月で、一応平日で、早い企業ならとっくに仕事初めだったり・・で。
すごく空いていて。
・・と言うか、ある種の貸し切り状態で、じっくりと見せてもらいました。

これも綺麗でした。

a0109138_14223671.jpg


高山植物室で栽培されてたリンドウの一種。
綺麗な藍色でした。

寒いので、温室でのんびり、大阪名物の串カツ食べたり、ドライブしたり。


けど、この2日以外はかなりユルめ。

More このへんが「間宮」さん。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-08 13:09 | 植物のこと

七草粥

a0109138_7362972.jpg

あっという間に、長い休暇が終了。
今日から仕事ですよ。

そして、今日は七草粥を頂く日ですね。
画像は我が家の手抜きのんm(__)m
一草(ナズナ)しか入ってません。
どうか皆様も風邪など召されませんように!
…と言ってる本人が風邪っぽい(>_<)

頂いたコメントへのお返事、遅くなりすみません!
本日中には…。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-07 07:36

あけおめ

a0109138_19103978.jpg

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2010-01-01 19:10