ブログトップ

やや晴耕雨読な日々

yayahibi.exblog.jp

<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

結果発表(ルッコラスプラウト)

さて。2月15日に種を蒔いた「ルッコラスプラウト」、約2週間が経過しました。

種袋の説明では食べる少し前まで、光に当ててはいけないことになってました。

ほんとに、遮光しなくてはいけないのか?
光に当てると育たないのか?
また、光に当てるとどうなるのか?

ちょっと、実験してみました。

結果は以下のとおり。


a0109138_2220530.jpg

左・・・遮光あり。
右・・・遮光なし。

遮光してる方が、
色が薄くて、
茎も細くって、
ひょろひょろしてますね。

遮光してない方と比べると、草丈が倍くらいあります。

このあと、半日ほど室内光に当てると、遮光していた方も少し緑色が濃くなりました。


問題のお味は・・・。

どっちも「ゴマ風味」でした。
サラダで食べるルッコラよりも、ちょっとピリっとした辛味が強い感じ。

ルッコラスプラウトに限っては、遮光する・しないに関わらず、味に目立った違いはないように思いました。
光に当てた方が、風味豊かになるのでは・・・?と予想してましたが、残念ながら大して変わりませんでした。

ただ、光に当てた方が歯ごたえがありました。
緑色が濃くて、光を当てた方が美味しそうに見えると思うのですが、どうでしょう?

個人的な味覚の好みもありますが、
ものすごく美味しいわけでもなく、
さりとてものすごく不味いわけでもなく・・・。

サラダの青味にするには良さそうです。
パスタの飾り用とか・・・。


というわけで、次はかいわれ大根で実験です。
これもあんまり変わらないかな・・・?


**********

今年の18冊目。

エスケイプ/アブセント
絲山 秋子 / / 新潮社
スコア選択:
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-28 22:30 | 植物のこと

美味しい・・・!

昨年11月半ばに種を蒔いたほうれん草(品種:アトラス)。
プランターに半分だけ蒔いたものです。

間引きながら、少ーしずつ収穫してました。
最後に5株だけ残してたのを、今朝収穫してお弁当のお浸しに・・・。

甘いです!!
とくに、根の部分が甘い!!

朝、時間が無かったので、茹でてお醤油掛けただけなのに。

んまい!です。

家庭菜園をやってて良かったな~と心から思うのです。



こんなに美味しいのが採れるなら、もっといっぱい蒔いておいたら良かった。
今年の秋は、ほうれん草多めにしようと思います。

**********


今年の17冊目。

海の仙人
絲山 秋子 / / 新潮社
スコア選択:





この主人公の暮らしぶり、理想です。

絲山 秋子さんの世界はまだしばらく続きます。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-26 12:55 | 植物のこと

そろそろ種蒔きなのに。

暖かいイメージのある、和歌山ですが、今年はちょっと違う感じです。
今日も、雪が降ってました。
幸い、積もりませんでした。

よくお邪魔するブログの皆さんの記事を拝見すると、
そろそろ、トマトなどの夏野菜の種を蒔く時期なのだそうです。
(トマトの種蒔きは初挑戦なのです。)
発芽適温は20℃前後とのこと、天気の良い昼間の南向きの窓際ならクリア出来るのですが。
このところのお天気を見てますと、ちょっと厳しいかも・・・。

天気予報をチェックしつつ、なるべく早く種蒔きしますね。

さて、プランター家庭菜園2年目の今年。
春蒔き野菜の計画。

-2~3月中に蒔くもの-

ポット蒔きで、
①トマト「シシリアンルージュ」×2~3株。
②トマト「フルティカ」×2株。
 (中玉トマトです。)
③鷹の爪×1株。
④島とうがらし×2株。
⑤カリフラワー「美星」×4~5株。


直播で。

【プランター1】 万能小ネギ

【プランター2】 人参(「ベーターリッチ」という品種。ペレット種子)

【プランター3】 だいこん「葉根っ子」と「時無こかぶ」を半分ずつ。

【プランター4】 ほうれんそう「アトラス」とミニチンゲンサイ「シャオパオ」を半分ずつ。


あと、空いている鉢に

 ・サラダ水菜。
 ・ベビーサラダミックス。
 ・はつか大根「赤丸二十日」。
 ・すぐり菜・ぬき大根。

などを蒔く予定。



-4月以降に蒔くもの-

ポットで
①島オクラ×2株。
②ポップコーン×6株。


直播で。

【プランター5】 枝豆「庄内5号枝豆」

【プランター6】 5月に入ってから「モロッコ」つるありインゲン。


今のところ、こんな予定です。

花壇の隅とプランター10個と鉢10個前後で栽培するので、効率よくスペースを使っていかなくては!
でも、いくつか買い足さないと足りませんね。

ベビーサラダミックスは作りやすくて、そのままサラダに使えるので今回は蒔く時期をずらしながら、少しずつを長期間作りたい。

あ。苗で購入するミニトマトも作りたい。
大玉のトマトも、魅力的です。
どうしよう・・・。置く場所が・・・。

家庭菜園をしていて、この計画中がすごく楽しい!!と思います。

【追記】
バジルを忘れてました。必須アイテムですよ。


**********

a0109138_19475169.jpg


お正月のアレンジに使った葉牡丹、
他の花がダメになっても、綺麗で元気良かったので花瓶に入れていたところ根が出てきました。
今更捨てるのも可哀想だし。・・・・・植える??

**********


今年の15冊目。

沖で待つ
絲山 秋子 / / 文藝春秋
スコア選択:





今年の16冊目。

ニート
絲山 秋子 / / 角川書店
スコア選択:





まだ、絲山 秋子さんの世界にどっぷり!ハマってます。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-24 19:39 | 植物のこと

どっちも好きなの。じゃダメ?

今日、2月22日は「猫の日」なのだそうです。
(にゃんにゃんにゃん・・・という語呂合わせ)
ということは、1月11日は犬の日なんでしょうか?
(わんわんわん・・・とか?実はよく知りません。)

訂正。犬の日は11月1日だそうです。

猫の日と言うことで、ウチの猫達。

a0109138_21494880.jpg

とらです。
変な姿勢でグルーミング中。
腹筋を酷使している模様。
疲れそうですね・・・。











a0109138_21512558.jpg

毎度おなじみの、猫団子状態です。
「さて寝るか!」と布団を見ると、冬場はだいたいこの状態です。












番外。

a0109138_21524829.jpg

ご近所のシロちゃん(仮名)です。
この子はウチのミント(犬)の友達(?)です。
朝の散歩で通りかかると、首輪の鈴をチャリチャリ鳴らしながら、出てきてくれます。
私には興味のない様子で、どうやらミントと遊びたいようです。





さて、我が家にはミント(犬)+詠子(猫)+とら(猫)がおります。
よく、「犬派ですか?猫派ですか?」と聞いてくる方がいらっしゃるのですが・・・。

どっちも好きです!
ってのはダメなんでしょうか?

仕方なく「いえ。ヒト派です。」と真顔で答えてますが。(何か?)
2択の質問にこの回答は良くないな・・・。
素直に「両方」と答えましょう!!


**********

おまけ。

少し前から報道されてました。
「へたり牛」・・・。
今日、職場の人に指摘されるまで「へたれ牛」だと思ってました。

我ながら・・・、へたれ、て・・・。
命名者は関西人?
でも、意味合いは合ってると思う。

注)へたれ=弱っちい。とか、ダメダメで情けない。根性ナシ。などの意味。
  関西弁(?)ですね。

職場内、一瞬固まってから大笑いですよ。
その笑い、狙ってませんから・・・。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-22 22:04 |

夢の話

隔日で気候が変わるところに住んでいます。
今日が真夏の気候で明日が真冬の気候、明後日がまた真夏の気候・・・。
そんな風土を珍しがる旅行者相手の宿屋を営んでいる私・・・。

 そんな夢を見ました。 

今朝起きる直前に見た夢です。

タイトルにあるように、寝ている時に見た夢の話です。
あくまでフィクションです。

真夏の気温は40℃以上。
真冬の気温はマイナス20℃とか。
それが交互に続く世界。
そこに住んでいる私はそんな気候に慣れっこで、結構機嫌良く宿屋を営んでいるのですが、旅行者はそんな訳には行かなくて、大騒ぎしている。
そんな夢でした。

起きた瞬間、「どこに居たって、どうにかやっていける!」と、何だかサバサバした気持ちになったりしました。
おかげで寝覚めスッキリ。

よく分からないけど、良い夢だったような気がします。


夢の話はこれくらいで・・・。

実際も、ここ最近は寒かったり暖かかったり、日ごとに違うので、夢に反映されたのかも・・・。

一昨日は、雪が積もってました。
でも、そろそろ春めいて来てもいるのです。

a0109138_2054579.jpg

白花のクリスマスローズです。
もうすぐ咲きそうです。
ほとんど、世話要らずでよく育ってくれます。
赤花とピンクのもあるのですが、今年は蕾がつきませんでした。









a0109138_21102525.jpg

リナリアです。
姫金魚草とも言いますが、金魚草とは違う種類です。
秋に種を蒔いたものです。
黄色や赤・白のものもあるようですが、今咲いているのは紫色だけ・・・。









a0109138_20594191.jpg

黄水仙です。
温かみのある春らしい色です。
他に日本水仙やラッパ水仙などもあるのですが、今年はまだみたいです。
背景にミントが写り込んでますね。
散歩から帰ったところで、かなり機嫌の良い様子。




日毎に、春めいて来ています。
野菜の種まきシーズンも、もうすぐですね。

*************

今年の14冊目。

スモールトーク
絲山 秋子 / / 二玄社
スコア選択:

子供の頃、ちょうどスーパーカーブームでした。
懐かしい・・・。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-20 21:03 | 植物のこと

寒いです

先日(2月13日)の日記で、せっかちな桜のことを書きましたが、
昨晩から雪が降り今朝には少し積もってました。

2月半ばに積もるのは、随分久しぶりのことです。
そもそも、雪が積もるのは一冬に1・2回あれば多いくらいですので、
今年は平年より寒い印象です。

通勤経路で見える山並↓。

a0109138_2143537.jpg

木のないところは真っ白です。
手前に写ってるのは橋の欄干です。












同じく、河川敷↓。

a0109138_2153965.jpg

紀ノ川の河川敷です。
何故か竹林があります。
これも、雪化粧です。












それから・・・

a0109138_216493.jpg


車のフロントガラスです。
家を出る前にお湯をかけたのですが、屋根に積もってたのが落ちてきました。
職場の駐車場に着いても、残ってました。
(ちなみにこの写真は、渋滞中に撮ったものです)




こんな少しの雪でも、不慣れなもので。
この何十倍(何百倍)も積雪のある地域の方とは比ぶるべくもないのですが・・・。

早く、春にならないかなぁ・・・。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-18 21:12

ルッコラスプラウト

仕事帰りに、ホームセンターに寄り道。
この季節は種のコーナーが充実してくるので、楽しいですね。

スペースの都合上、そうたくさん購入する訳にはいきませんが、
『初心者でもかんたん!』と銘打ったコーナーがありまして、
一般的な野菜の種と一緒に各種スプラウトの種が売られていました。

スプラウト、と言うと有名なのは「かいわれ大根」。
(これは、私も結構ひんぱんに栽培してます。)
「ブロッコリースプラウト」「アルファルファ」「そば」「レッドキャベツ」などなど・・・。
(これらは、育てたことがありません。)

今日見かけたものは、なかなか多種類で、「ケールのスプラウト」などのキャベツの仲間もありました。

で、買ってしまいました。

a0109138_22125778.jpg




ルッコラのスプラウトです。











ルッコラのスプラウト。
説明書きを読むと、種を蒔いて10日で収穫できるとのこと。

食べる直前まで、光に当ててはいけないらしいです。

あれ?と疑問に思い、同じ種苗会社の「かいわれ大根」の種袋を読むと、かいわれ大根も光に当ててはいけないとありました。
ずっと、思いっきり光に当ててましたよ。かいわれ大根!
でも、ちゃんと収穫できてましたよ?!
あ。でも、だから辛かったのかも?遮光したら辛くないのかも?

と言う訳で、この疑問に自ら答えるべく少々実験(?)をば。

a0109138_22185711.jpg


左が新聞紙で遮光しているもの。

右が遮光ナシ。

どちらもルッコラです。








まずは、ルッコラスプラウトは遮光しないと本当に育たないのか?です。
それから、次回はかいわれ大根を遮光して育てると辛味が弱くなるかどうか?試してみたいと思います。

それから・・・。
同じ売り場に「マスタード」のスプラウト用の種も売ってまして・・・それも買ってしまいました。
屋外で野菜の種を蒔くのは、まだもうちょっと先なので、それまでスプラウト栽培を楽しみたいと思います。

スプラウト類の生育適温は20℃前後だそうです。
暖房の効いてる室内なら、何とかなりそうです。


おまけ。
今年の12冊目。

袋小路の男
絲山 秋子 / / 講談社
スコア選択:





13冊目。

ダーティ・ワーク
絲山 秋子 / / 集英社
スコア選択:






絲山 秋子さんの世界にどっぷりです。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-15 22:25 | 植物のこと

せっかちな彼女

突然ですが、車で通勤しています。
通勤経路には、ちょっとした桜並木が2ヶ所あって、毎年楽しみにしています。

まだ2月の中旬なので、蕾は出ていません。
今朝の様子はこんな感じ。

a0109138_20364838.jpg


それでも、枝の濃い茶色が日に日に白んできていて、ゆっくりと花の季節に向かっています。
この、桜の木全体が遠目に白んでくる様子を見るのも、また楽しみだったりするのです。






ところが、桜並木に1本だけ「せっかち」なのがありまして、
2月13日、今朝の様子です。

a0109138_20394161.jpg


ほんの少し、全体で10輪咲いてるかどうかと言ったところですが、咲いています。
この木だけ、毎年早いのです。
通勤経路として、毎朝通るようになってかれこれ5・6年。
毎年、バレンタインデーの頃には咲き始めています。
2・3年前に、2月の末になったことはありましたが・・・。





もうちょっと、近づいてみると・・・

a0109138_2044476.jpg

この桜並木には「ソメイヨシノ」が多いのですが、この木は違う種類です。
他の木は、地域の標準的な時期に咲きます。
3月下旬でしょうか・・・。








アップで。

a0109138_20471177.jpg

ね。「ソメイヨシノ」より花びらの紅味が濃いです。
それに、花びらの枚数も多く、半八重か八重咲きのようです。
種類が分からないのですが・・・。







毎年、この時期は会社に着くと同僚や上司に
「そろそろ咲きますよー!」とか、「今朝、1つ咲いてましたよ!」と。
報告(?)してたりとか。
朝イチから、この言動・・・ちょっとした変人ですよ。

でも、お花見の都合もありますし、ね?

そして、今年もこうやって早咲きの桜を心待ちにするゆとりがあって良かった!と毎年思うのです。

桜と言えば・・・で、今日のおやつは

a0109138_20564543.jpg

桜餅です。

ふだん、おやつは食べないんですが・・・。
ついつい・・・。










今朝は、じっくりと桜を見て早い春を満喫したのですが、
お昼前から、雪が!!
結構、と言うか、かなり寒かったです。
桜、大丈夫かな・・・と気になりますが、これで花の期間が延びる訳ですし。

おまけ。
何故、「彼女」なのか?
桜。薄紅色で、樹の形が曲線的で、柔らかそうで、女性的だな・・・と常々思ってるので。
だから、「彼」ではなく、「彼女」だな、と。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-13 21:05 | 植物のこと

安眠枕

a0109138_2113937.jpg



詠「寒くて寝つきの悪い時でも、この『安眠枕』でぐっすりです!!」










あの~。
それ、枕じゃなくてボックスティッシュなんですけど・・・。
ついでに、うーちゃんはいつも寝付き良いでしょう?

おまけ。
詠子が退いたら、ボックスティッシュは見事に凹んでました。


もうひとつおまけ。
先日、Shogame2さんの記事で「自家製アンチョビ」の作り方がUPされていて、
あまりに美味しそうなので、挑戦中です。
漬け込んだのが7日のことでしたので、今日で4日経過。
おそるおそる(←申し訳ないですが、ほんとにそうでした^^;。だって、生魚の塩漬けですもん。)
密閉容器の蓋を開けて確認してみました。

全然、魚臭くないです!
やった!!成功の兆し??

でも、確か2ヶ月熟成させるんですよね?
そのあと、オリーブオイルとスパイスに漬け込むこと1ヶ月!!
先は長いですね・・・。

この寒い2月のことなので、涼しい室内で熟成させても大丈夫かとは思うのですが・・・。
冷蔵庫で寝かせてます。
何しろ、ウチにはほら、ね。
猫がおりますし・・・。
別に、猫に食べられるのは構わないのですが・・・。
いやいや、良くないです。
ものすごく塩分が多いので、つまみ食いとかすると大変なことになるかもです。

上手く出来るかな・・・?
時間をかけて作るものって、楽しい!
最近、ちょっと目覚めてきたかもしれません。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-11 21:30 |

久々に本のはなし

今年の8冊目。

女王様と私
歌野 晶午 / / 角川書店
スコア選択:




歌野晶午さんの『女王様と私』。
ちょっと微妙なタイトルです。
外国作家の同名作品があった気がします・・・。

内容・感想としては
40代・引きこもり・ニート・ヲタク男性の妄想話です。
細かい描写が巧くなされていて、テンポも良くて読み進めやすいのですが・・・。
あんまり、共感は持てない内容でしたね。


今年の9冊目と10冊目。

媚薬
佐藤 亜有子 / / 河出書房新社
スコア選択:





首輪
佐藤 亜有子 / / 河出書房新社
スコア選択:




佐藤亜有子さんの『媚薬』と『首輪』。
これも、インパクトのあるタイトルです。
Amazonで検索したら、微妙な御本がいっぱいヒットしてしまって、ちょっと・・・でした。

内容・感想ですが・・・
どちらも、短編集です。
人間の五感って、これほどにも鋭いのかな・・・と。
読んでいて、「おなかいっぱい」になる感じです。
ケーキバイキングでありえない分量のケーキを食べた時に似ている。
もしくは、油っぽい食事が3食続いた感じ。
決して嫌いな作品ではないのですが・・・。
この人の長編作品を読むのは体力が要りそうです。

今年の11冊目。

逃亡くそたわけ
絲山秋子 / / 中央公論新社
スコア選択:




絲山秋子さんの『逃亡くそたわけ』。
これもまた、すごいタイトルです。
くそたわけって・・・。
ウチのお国言葉では何て言うんだろう?
当てはまる言葉が思いつきません。

内容・感想は・・・
躁病の「花ちゃん」とうつ病の「なごやん」の二人が入院中の病院から逃走して・・・という、ロードムービー的なお話。
福岡の病院を抜け出して、九州各地を巡るのですが、二人の会話が面白い。
今年に入って読んだ中では一番のオススメです。
この作品の距離感、好きです。

絲山秋子さんの作品には、しばらくハマりそうです。
単純に図書館で大量に借りて来たのもありますが・・・。

今回の4冊は、どれも自己と他者との関りが主題になっているものが多くて、その様々なあり方が面白かったです。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-07 13:15