ブログトップ

やや晴耕雨読な日々

yayahibi.exblog.jp

結果発表(ルッコラスプラウト)

さて。2月15日に種を蒔いた「ルッコラスプラウト」、約2週間が経過しました。

種袋の説明では食べる少し前まで、光に当ててはいけないことになってました。

ほんとに、遮光しなくてはいけないのか?
光に当てると育たないのか?
また、光に当てるとどうなるのか?

ちょっと、実験してみました。

結果は以下のとおり。


a0109138_2220530.jpg

左・・・遮光あり。
右・・・遮光なし。

遮光してる方が、
色が薄くて、
茎も細くって、
ひょろひょろしてますね。

遮光してない方と比べると、草丈が倍くらいあります。

このあと、半日ほど室内光に当てると、遮光していた方も少し緑色が濃くなりました。


問題のお味は・・・。

どっちも「ゴマ風味」でした。
サラダで食べるルッコラよりも、ちょっとピリっとした辛味が強い感じ。

ルッコラスプラウトに限っては、遮光する・しないに関わらず、味に目立った違いはないように思いました。
光に当てた方が、風味豊かになるのでは・・・?と予想してましたが、残念ながら大して変わりませんでした。

ただ、光に当てた方が歯ごたえがありました。
緑色が濃くて、光を当てた方が美味しそうに見えると思うのですが、どうでしょう?

個人的な味覚の好みもありますが、
ものすごく美味しいわけでもなく、
さりとてものすごく不味いわけでもなく・・・。

サラダの青味にするには良さそうです。
パスタの飾り用とか・・・。


というわけで、次はかいわれ大根で実験です。
これもあんまり変わらないかな・・・?


**********

今年の18冊目。

エスケイプ/アブセント
絲山 秋子 / / 新潮社
スコア選択:
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-28 22:30 | 植物のこと
<< アスパラ菜のパスタ 美味しい・・・! >>