ブログトップ

やや晴耕雨読な日々

yayahibi.exblog.jp

ルッコラスプラウト

仕事帰りに、ホームセンターに寄り道。
この季節は種のコーナーが充実してくるので、楽しいですね。

スペースの都合上、そうたくさん購入する訳にはいきませんが、
『初心者でもかんたん!』と銘打ったコーナーがありまして、
一般的な野菜の種と一緒に各種スプラウトの種が売られていました。

スプラウト、と言うと有名なのは「かいわれ大根」。
(これは、私も結構ひんぱんに栽培してます。)
「ブロッコリースプラウト」「アルファルファ」「そば」「レッドキャベツ」などなど・・・。
(これらは、育てたことがありません。)

今日見かけたものは、なかなか多種類で、「ケールのスプラウト」などのキャベツの仲間もありました。

で、買ってしまいました。

a0109138_22125778.jpg




ルッコラのスプラウトです。











ルッコラのスプラウト。
説明書きを読むと、種を蒔いて10日で収穫できるとのこと。

食べる直前まで、光に当ててはいけないらしいです。

あれ?と疑問に思い、同じ種苗会社の「かいわれ大根」の種袋を読むと、かいわれ大根も光に当ててはいけないとありました。
ずっと、思いっきり光に当ててましたよ。かいわれ大根!
でも、ちゃんと収穫できてましたよ?!
あ。でも、だから辛かったのかも?遮光したら辛くないのかも?

と言う訳で、この疑問に自ら答えるべく少々実験(?)をば。

a0109138_22185711.jpg


左が新聞紙で遮光しているもの。

右が遮光ナシ。

どちらもルッコラです。








まずは、ルッコラスプラウトは遮光しないと本当に育たないのか?です。
それから、次回はかいわれ大根を遮光して育てると辛味が弱くなるかどうか?試してみたいと思います。

それから・・・。
同じ売り場に「マスタード」のスプラウト用の種も売ってまして・・・それも買ってしまいました。
屋外で野菜の種を蒔くのは、まだもうちょっと先なので、それまでスプラウト栽培を楽しみたいと思います。

スプラウト類の生育適温は20℃前後だそうです。
暖房の効いてる室内なら、何とかなりそうです。


おまけ。
今年の12冊目。

袋小路の男
絲山 秋子 / / 講談社
スコア選択:





13冊目。

ダーティ・ワーク
絲山 秋子 / / 集英社
スコア選択:






絲山 秋子さんの世界にどっぷりです。
[PR]
by yaya_seiko_udoku | 2008-02-15 22:25 | 植物のこと
<< 寒いです せっかちな彼女 >>